毛穴レーザーや脱毛でモテ肌GET|しみ治療でスッピン美人に

美容

汗をかく

美容

多汗症は、手のひらや顔や、脇、足の裏などの部位に多量の汗をかくという症状が現れるものです。似たようなものに、全身からたくさん汗をかきやすいという人もいますが、こられは汗かき体質と呼ばれるもので、多汗症とは異なります。多汗症はあくまでも身体の一部だけ汗をかくということが特徴で、全身から汗がでるというわけではありません。小児期に発症することが多く、成人になっても症状が続いていきます。なお、多汗症と言っても常に汗をかいているというわけではなく、無汗と呼ばれる汗を全くかかないような状態が発生することもあります。無汗と多汗が交互にでることが多く、緊張や体温の変化をきっかけに多汗になるというようなケースが多いです。

多汗症の原因は、交感神経の活動が大きく関係しています。汗をかく場所により、どこに負担が来ているのか知ることができます。頚部から第三肋骨までの交感神経が関係しているものが、顔面や頭部の発汗です。多くの人が悩む手のひらの汗は、頚部から第六肋骨までが原因です。あまりにも汗が多くて気になるというような場合、手術を行い汗を止めて行くことができます。個別に診察を行い、血液検査等を行い手術をしていきます。また、場合によっては外用薬や手のひらに通電するという方法などがあるので、重要度によって使い分けていくことができます。外用薬や塩化アルミニウムが主な成分となっており、一般の薬局にも取り扱いがあります。汗が出ていないタイミングで手のひらに塗っておくことで症状の改善を行うことが出来ます。比較的軽い症状という際に利用することが多いですが、症状が改善しないというような場合は病院で診察を受けて適切な治療を受けることが大切です。