毛穴レーザーや脱毛でモテ肌GET|しみ治療でスッピン美人に

美容

しみを治療で改善

しみのできる仕組みとは

脚

しみができる原因は、紫外線を浴びることで皮膚のメラノサイトが活性化し、メラニン色素を作り出すことによって起こります。メラニン色素は紫外線を遮断する働きがあるので肌を守る効果を持ちますが、メラニン色素が作り続けられると肌の生まれ変わるターンオーバーでも排出しきれない場合があります。そのため、しみとして残ってしまうのです。しみの治療には塗り薬があるほかレーザーを使った治療もあります。塗り薬は薬局で購入することや皮膚科で処方してもらうことができます。有効成分はハイドロキノンで、メラノサイトに作用し、メラニン色素の生成を抑制します。美白効果もあり、同じく美白効果のあるビタミンcやコウジ酸といった成分と比べても非常に効果が高く、近年ハイドロキノンが配合された化粧品や治療薬が人気となっています。

種類と治療について

しみはできる原因によっていくつかの種類に分けることができます。紫外線が原因で起きる老人性色素班が通常しみと呼ばれるものです。小さな斑点が鼻や頬を中心に広がるのはそばかすであり、遺伝的要因で起こります。また女性ホルモンの影響で起きる肝斑は、頬に左右対称に現れるのが特徴的です。治療には塗り薬としてはハイドロキノンがその強力な漂白効果から近年主流となっています。その他にもレーザートーニングと呼ばれるものがあり、弱い出力のレーザーを複数回均一に照射していくことで、通常のレーザーの効果が薄かった肝斑などすべてのしみを治療できる手法も広まっています。この施術は毛穴やくすみの改善にも効果を発揮し、明るい肌色にしていくことができます。